メリットが沢山!aws導入で効率化や運用費の節約を実現しよう

パソコン16

Amazonが提供するサービスの一つであるaws。awsとは、クラウドコンピューティングを利用したサービスを指します。導入することで作業の効率化や運用などに関わるコストの削減を実現する便利なサービスです。

サービスの仕組みが複雑であり種類も多いため、きちんと理解している人は少ないかもしれません。

そこで、クラウドコンピューティングの基本からawsの知識まで幅広く解説します。

クラウドコンピューティングとは?

awsを理解する上で知っておきたいのが、クラウドコンピューティングです。クラウドコンピューティングとは、インターネットを利用するサーバーやデータベース、ストレージやソフトウェアなど、パソコンを使って利用するサービスのことです。

自宅やオフィスなどに一台のパソコンとインターネットに接続する環境が整っていれぱ、外部のサーバーの活用や大容量のストレージ、高速なデータベースを使えるようになります。クラウドコンピューティングには、大きく分けて2種類あります。

プライベートクラウドとパブリッククラウドです。プライベートクラウドは、自分の会社のみで使うことが出来るサービスのことで、自分たちでサービスの整備や構築、運用などを行います。自社にしかサービスはないので、自由に内容を変えることが可能です。

自分たちの会社に合ったサービスの構築、使いやすさの追究が出来るのが良いところです。サービスを運用するためのハードウェアやサーバーなどは、個別に用意します。パブリッククラウドは、Amazonなどが用意しているクラウド環境を多くの企業で共有し、それぞれ使いたいサービスを選びます。

クラウド環境の構築に必要なストレージやサーバー、ネットワーク機器の購入、データセンターの契約などは一切必要ありません。比較的簡単に導入することができ、初期コストを抑えられるのも魅力です。カスタマイズは出来ないので、上手く使えるスタッフの確保などが必要となってきます。

awsとは?どのようなサービス?

awsとは「Amazon Web Services」の略で、Amazonが提供する100以上のクラウドコンピューティングサービスです。2006年から販売が開始されました。クラウドコンピューティング業界のなかでも圧倒的な人気を誇り、シェア率も高いです。

インターネット通販のAmazonが提供しているということもあり知名度が高く、国内外で使われているのです。高いシェアを誇ることで情報の共有がしやすく、インターネットで使い方などを検索すればすぐに知りたい情報がヒットします。

使っている人が多いのでちょっとしたことで困ったときには掲示板などに悩みを書き込むと、素早く問題解決が出来るのもawsならではの利点です。

awsを導入するメリットは?

awsを導入することで得られるメリットはセキュリティの向上やコスト削減、柔軟性やリスク分散などがあります。awsはセキュリティのレベルが高いことでも有名で、企業などの大切な情報をしっかりと守ってくれます。

外部に漏洩すると大問題になるデータを扱うときにも、安心感があるのです。awsで採用されているセキュリティは、軍隊や国際銀行などの基準をクリアしたものが入っています。セキュリティがしっかりしていれば情報漏洩などに無駄な神経を使う必要もなく、専門のスタッフも大勢要りません。

運用がグッと楽になるので効率化の実現だけでなく、企業側の負担も減らせます。導入コストを大幅に削減出来るのも、メリットの一つです。初期費用ゼロ円で入られ、サービスの利用量に応じて課金するシステムです。導入するときにまとまった資金が無くても使えるのは、かなりお得です。

提供価格の見積もりも可能で、これからどのくらいの費用が掛かるのかも事前に把握出来ます。柔軟性があるのも特徴的で、コンピューターを簡単に増やせます。事業拡大や新規店舗の立ち上げでサービスの拡張が必要になったときには、すぐに対応します。

ストレージのアップグレードもでき、扱う情報量が増えたらときにも便利です。リスクの分散が出来るのも、導入するときのメリットになります。awsは世界各地にデータセンターを設けておるため、データの紛失がと起こっても何ヵ所かにデータが保存してあるので大丈夫です。

データ障害などが起きた際には影響があったエリアのデータは他に移されら大事な情報を無くさないシステムとなっています。

関連記事:awsの運用コストを下げる方法とは

代表的なawsのサービス

Amazonシンプルストレージサービスはオンラインストレージサービスの一種で、どのような形式のデータでも保存や保護をしてくれます。Webサイトやデータのバックアップ、アプリの活用などに使えます。セキュリティが高いawsならではのサービスで、外部に漏らせない情報を安心して任せられるのです。

管理機能も比較的分かりやすく、初心者でも使いこなせる工夫がされています。AWSラムダは、サーバーレスコンピューティングサービスです。サーバーの管理はなく、自動的にコードを実行していきます。画像のサムネイル作成やインデックスの作成、コンテンツの検査を自動で行います。

100万リクエストまで無料で、それを超えた場合は利用した分だけ料金が発生します。無駄な運用費や管理費が発生しないので、節約に繋がるのです。Amazon RDSはフルマネージドで管理負担を抑えられる、データベースサービスになります。

My SQRやPostgre SQLなどのデータベースが、簡単な操作だけで作れます。データベースサーバーの管理は必要なく、手間を省けるのが良い部分です。

関連記事:awsの運用の役に立つセミナーの種類と選び方

awsには資格がある

awsの知識や使いこなすための技術があることを証明する資格が存在します。取得することで就職やキャリアアップに有利になることもあり、IT関連の仕事をしたい人やしている人たちが持っています。基礎やawsの全体像を掴む、初心者向けは「aws certified cloud practitioner」です。

アーキテクトや開発、運用など幅広い知識を網羅しています。エンジニアなどの専門職に就いていなくても取得でき、awsの勉強を始めたばかりの人も気軽に受けられます。1年以上実務経験がある人に向けて開設されたのは、「Solution Architect」や「Developer」などです。

awsをある程度使ったことがないと解けない問題が多く出題され、専門知識も必要不可欠です。本格的にawsを勉強したい、技術の向上を目指したい人たちが挑戦しています。

手軽に使えるaws

作業の効率化や運用のコスト削減が出来るawsは無料で使うこともでき、思い立ったときの気軽に使い始められます。パソコンとインターネット環境さえ整っていれば今すぐ使えるので、ぜひ導入してみてください。知識を深めたい、awsについてある程度の知識があると証明したいときには資格取得に挑戦するのも良いかもしれません。